FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コートハウスの魅力(竜泉寺の家)」

ar6_110427a.jpg
ar6_110427b.jpg
桜の見ごろもあっという間に過ぎ去って、新緑が美しい時期になってきました。
先日竣工した竜泉寺の家は、周囲の雑木林の木々がいかにも柔らかな緑の葉を付け始め、その魅力が一層引き立つようになってきました。

中庭の芝も徐々に青くなってきて、清々しさを感じさせる気持ちの良い空間になっています。ウッドデッキに腰掛けて株立ちの瀟洒な木々と、背景の雑木林の木立と青空を眺めてみる・・・。ちょっと特別な時間が流れています。
カーテンを開け放ち、そんな景色を室内からいつでも愉しむ事ができるのは、やっぱりコートハウスならではの魅力。

先日はお子さんと、この中庭でプチピクニックを楽しまれたそうです。これからの時期、この中庭でビールを片手にバーベキュー・・・粋ですね。
スポンサーサイト

「ロノジノイエ(@名古屋市)が上棟しました!」

ar6_110417b.jpg
ar6_110417a.jpg
気持ちの良い春の陽光の下、「ロノジノイエ」が上棟の日を迎えました。それにしても職人さん達が次々と柱が梁を組み上げていく様は、ずっと見ていても飽きないものです。

ゆったりとした敷地を贅沢に生かした平屋建ての、横に長い伸びやかなプロポーションが、高層マンションや商業施設に囲まれた雑然とした界隈にあって、優雅で落着いた存在感を感じさせることでしょう。

「友人のオープンハウスへ行ってきました」

ar6_110416a.jpg
ar6_110416b.jpg
今日は名城大学の同級生、丸田知明君が設計をした「土岐の家」を見に行ってきました。
私とは設計の志向性が違うものの、やっぱり丁寧に設計された建築を見に行くのは非常に勉強になりますし、大いに刺激を受けます。

土岐市街を見下ろす谷間に佇む、トンガリ屋根のキュートな木の家。彼らしい雰囲気が溢れています。
感心したのは、この朴訥な風情の谷間にあって、以前からここに建っていたかのような据わりの良さ。この住宅が建てられるのを、この土地が待っていたかのようでもあります。
それはきっと材料の選択の的確さもさる事ながら、その形態やボリューム、レイアウトが適切だから。恐らく何度もこの地を訪れ、スタディーを繰り返したのでしょう。手を抜かない仕事は、気持ちが良いですね。
植栽工事の完成も楽しみです。

さて明日は、私が設計をした「ロノジノイエ」が上棟を迎えます。震災の影響で、合板を始めあらゆる建材が非常に手に入りにくい状況が続いていますが、取りあえず建物の骨組みに必要な材料は確保出来ました。
天気も良さそうですし、楽しみですね。

「竜泉寺の家(名古屋市)のアレコレ」

ar6_110412c.jpg
 先日竣工した「竜泉寺の家」では、所々にお施主様自ら作られたモノがあります。
 まずは、フロストガラスのスクリーンを支えているステンレス製の柱。あえて磨き上げずに、鈍い金属の塊感、ステンレス無垢材の質量を表現しています。一方で細長いフラットバーを柱に用い、ガラスを固定する押縁という部材の形状を工夫する事で、フロストガラスのもっている繊細さと緊張感が最大限に表れるようにデザインしました。

ar6_110412as.jpg
 お次は、ドアホンを格納しているステンレスの表札柱。お施主様が鋼板を加工する事に長けたご職業でしたので、私が図面を描いて製作をお願いしました。
 2ミリ厚のステンレス鋼板を曲げ加工と、YAGレーザー溶接で接合してあるのですが、狙い通りモノリシックな雰囲気が出て、深みのある質感が建物と外構に非常に上手く溶け込んでいると思います。

ar6_110412b.jpg
 中庭のウッドデッキも、自家塗装です。お子様も一生懸命手伝って、塗り上げられました。プロのペンキ屋さんの仕上がりには敵わないかも知れませんが、ご自宅の新築工事の一部分でも作業を行うことで得られる愛着。これは何物にも替え難いモノだと思います。
 ご主人の「まるで我が子のようだ」との言葉に、その事がよく表れています。

「牛コロ宮内が移転オープン!(名古屋市北区)」

ar6_110407b.jpg
今日、「ロノジノイエ」の現場監理へ行った帰りに、大好きなうどん店「角千」へ行ってみたら、看板は裏返っているし、ドアには張り紙がしてあるしビックリ!とっさに閉店したかと思いましたが、車から下りて近づいてみると、張り紙は移転先の案内図。思わず胸をなでおろしました。

移転先は600メートル程西へ行った所。直ぐ近くなので、さっそく新しいお店の方へ行ってきました。店内が広く明るくなり、以前のお店では無かった駐車場の用意もありました。

店内に入ると、見慣れた大将が・・・。ほっとしました。
聞くと、昨日(2011年4月6日)「牛コロ 宮内」として移転オープンしましたとのこと。
お昼は行列ができる人気店ですが、席が増えたので待ち時間が短くなると良いですね。

ar6_110407c.jpg

さて今日食したのは、商標登録をしている「牛コロ」(冷たいうどん)です。ちょっと甘めのツユと柔らかい牛肉、そして山盛りのワサビ。うどんは以前と全く変らず美味しかったです。牛コロは、これからの時期は特に大人気ですが、牛肉を煮込んだうどん「牛ニコ」もオススメです。

そして嬉しい事に、しばらくメニューから消えていた「カツうどん」が復活していました!次の注文はこれに確定です。
↓お店のだいたいの場所。地下鉄名城線「志賀本通」駅下車すぐです。

「牛コロ宮内(Yahoo!地図)」
定休日:日曜日

Profile


六鹿 篤
mutsuga atsushi
建築設計事務所 「Architect6」代表

mutu

Author:mutu

Flashカレンダー

Recommend

設計事務所「Architect6」 デザイナーズハウスならArchitect6設計事務所

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。