スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西尾市 瑞用寺」

ar6_080725a.jpg
 愛知県西尾市巨海の集落にある「瑞用寺」。一色町へ通う途中にある浄土宗のお寺ですが、道沿いにずらりとならぶ、お地蔵さんに後ろ髪を引かれつつ車で通り過ぎるだけでした。先日、打ち合わせの帰りに少し時間ができたので、ちょっぴり寄り道をしてみました。

 大きな楠に守られる様にして並ぶお地蔵様・・・と思いきや、山門の左側は観音様、右手に並ぶのがお地蔵様でした。

続きを読む

スポンサーサイト

「国宝犬山城と鵜飼い」

ar6_080719a.jpg
 生まれて初めて鵜飼いへ行ってきました。昼間は火傷しそうな位暑いのに、川面を渡る風の涼しいこと・・・。
 岐阜市長良川で行われる鵜飼いも有名ですが、愛知県犬山市の木曽川鵜飼いが発祥らしいです。屋形船から見る「国宝犬山城」は何とも風情があって良い感じですね。

続きを読む

「S-Clinic@三重県」

ar6_080715a.jpg
ar6_080715b.jpg
現在、三重県内で計画中のクリニックのCGです。街区と程よい距離を保ち、患者さんが気持ちよく過ごせるように、様々な演出がされています。

「碧南 大浜漁港」

ar6_080710a.jpg

 私、シンプルな建築を設計しておりますが、古い町並みを散策するのが結構好きだったりします。今回は「一色の家」の打合せの帰り道、碧南の町に立ち寄りました。
 名鉄の碧南駅周辺は巾が狭い路地も多く、古い町屋や住宅、寺社などが多く残っていて風情たっぷりです。上の写真は駅からほど近い、大浜漁港の夕景です。歴史はとても古く、南北朝時代からその存在が確認されているそう。その町並みの趣の深さにも納得です。

続きを読む

「廃虚と化した建築学会賞作品」

ar6_080705a.jpg

 先日、とある学校の付随施設を見に、岐阜県まで脚を運びました。今では世界中で活躍している女性建築家が、日本建築学会賞を受賞した出世作です。しかし、まるで廃虚のようなその有り様に愕然としました。
 建築・デザイン関係者ならば誰でも知っているこの施設。そのディティールは専門家が一目見れば問題だらけ。あまりにも細すぎた手すりは折れ、屋根の防水はその用を足さず、トップライトからは雨が漏れる。しかも以前、相当な費用をかけて修繕工事を行ったはずです。今では放置されている様子で、倉庫としてすら使われてなさそうでした。
 一般の方がご覧になったら「何でこれが日本建築学会賞?」と首を傾げるに違いありません。スペイン人のプロダクトデザイナーを連れていった時には「写真映りは良いけど・・・。」とガッカリしていました。我々、専門家にとっては反面教師な建築です。

Profile


六鹿 篤
mutsuga atsushi
建築設計事務所 「Architect6」代表

mutu

Author:mutu

Flashカレンダー

Recommend

設計事務所「Architect6」 デザイナーズハウスならArchitect6設計事務所

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。